大東建託の賃貸事業の強みは「総合力」「一貫体制」




大東建託賃貸住宅をあちこちで見かけますが、
どうしてこんなにも多くの賃貸アパートが建築されているのでしょうか?
土地の所有者や賃貸物件のユーザーにとって、大東建託の魅力とは何なのでしょうか?


大東建託株式会社の特徴として考えられるのは、
土地所有者の活用ニーズと、入居者の賃貸住宅へのニーズを結びつけ、
建物賃貸事業を総合的にサポートする、
独自の「建託システム」による事業展開です。


この建託システムは、マンション、アパートなどの賃貸事業の企画立案から、
建物の設計・施工、入居者斡旋、賃貸物件の空室時家賃保証、各種管理サービスまで
一貫して行うものです。


地域によっても異なりますが、
私の住んでいるつくば市では
東建コーポレーションやパナホーム、ダイワハウス、セキスイハウスなどとの
競争が激化しているように見受けられます。
大東建託でもその競争に負けないよう、
スピードと顧客満足度の向上を重視し、業務の効率化に必死らしいです。


たとえば設計システム課の課長、福嶋茂樹氏が言うには・・・


「大東建託株式会社様は、あらゆる業務において改善を推進されています。
ITの活用もその取り組みのひとつですが、
なかでも建物の設計段階の初期に実施する「土地の測量」については、
8年前からペンPCを導入され、デジタル化を進めてきた」そうです。


また何といっても建築だけでなく、
「いい部屋ネット」の賃貸斡旋事業と
大東建託建物管理(株)による入居者管理が最大の強みですね。


大東建託では、ただ賃貸物件を建てるだけでなく、
入居者の募集から管理、建物の修繕までを一貫してサポートする体制が完成されています。
建物のグレードの高さだけでなく、
こうしたトータル力によって、
大東建託は土地所有者にも賃貸居住者にも人気があると言えるのではないでしょうか。





このページの先頭へ