大東建託の騒音対策「ペアサッシ・ペアガラス」




大東建託の賃貸アパートで幹線道路に面しているなどの物件には
騒音対策がなされている場合もあるようです。


ペアサッシ、ペアガラスと呼ばれるもので、
その名の通り、二重になっているサッシ・ガラスのことです。
幹線道路にすぐ近くなど、騒音対策が必要な住宅に施されているようです。


たとえば駅の近くというのは便利ですが、電車の音は騒音以外の何モノでもありませんし、
幹線道路などに面している場合でも、車の騒音というのは気になります。


騒音とは、騒がしくて不快と感じる音のことですが、
環境基本法でも典型的な七公害のひとつとして明記されています。
その中で騒音対策などの環境基準が設定されているんです。


その音が騒音かどうかの判断は、人の主観によるので難しい面があります。
ある人にとって好ましい音であっても、他の人にとっては騒音という場合も多いですからね。
特に騒音に端を発するトラブルも近頃では多く、
ニュースでよく取り上げられるように、事件や裁判にまで発展するケースもあるので、
できるかぎりの騒音対策はしておきたいものです。


大東建託の最近の賃貸アパートなら、
ペアサッシ・ペアガラスも含め、
構造的に高気密住宅となっており、音のモレは少なくなってきています。


なお、この一般的には
騒音対策というよりは断熱性で注目されている構造です。
ペアサッシ・ペアガラスは結露しないらしいです。
羨ましい・・・。
私が住んでいる大東建託のアパートは2000年に建てられていますが、
ペアガラスではないので、かなり結露しますからね・・・。


ですので、もし騒音や結露が気になるのであれば、
新しい物件への入居をお勧めします。
大東建託の営業さんにその旨伝えれば、条件にあったアパートを提示してくれますよ。




このページの先頭へ