大東建託と株価の基礎知識。





昔、書店に勤めていた時の同僚が、
毎朝店に届く新聞の株価欄を見つめていたのを覚えています。
テレビ欄を真っ先に見てしまう自分を恥じたものです・・・。


さて、私が現在住んでおり、建設業界でも大きな規模であろう、大東建託ですが、
実際のとこと、株価の方はどうなっているのでしょう。


大東建託の最近の株価の状況です。
私も株価に対してはあまり詳しくないのですが少し紹介したいと思います。
自分なりに調べてみました。


9月26日の大東建託(1878)の株価、本日の終値のは5,320円で、
前日の終値5,130円に比べて+190円(+3.70%)でした。
9月18日以来の騰落は+120円で、
先週比は+2.30%。8月27日以来の騰落は-80円で、先月比は-1.48%でした。


テクニカル指標についていうと、RSIは52.75%、
20日移動平均線乖離率は+0.75%、サイコロジカル(14日)は50.00%となっています。


・・・分からない用語が多いですが、けっこう値動きの激しい銘柄って気がしますね。
ネットではあまり良くない評判も流れている会社なので、
もしかしたら社会的な信用というか、安定性には欠けるんでしょうか?

>
大東建託の公式サイトの株価チャートを見ると、
3カ月などの短期ではやはり値動きが活発ですね。
しかし5年や10年の長期スパンで見ると
完全に右肩上がりです。

>
そういった観点では、 短期の取引で利益を出したい人、 長期保有で利益を出したい人、 どちらにも好まれる銘柄なのではないかと思います。


株をたくさん保有している人は、
日々変動する株価ですので、テクニカル指標やチャートなど、
詳しい詳細など掲載しているページなどでしっかりチェックしているはずなので、
私などより大東建託の株価の値動きには詳しいでしょうね。
株式市場における大東建託の評判もぜひ聞いてみたいものです。


アパートの住人である私とはまったく違った評価になるんだろうな・・・。


個人的な意見としては、 建物自体は良い出来ですし、住み心地も良いのですが、 アパート建築って飽和状態もしくは供給過剰な気がするので、 これからはあまり株の長期保有には向かない気がします。




このページの先頭へ